toggle
藤沢・茅ヶ崎・平塚市で害虫駆除業者をお探しならダスキン寒川町支店
2022-07-27

冬のゴキブリは潜んでいる場所を知ってから対策を!!

冬場に出没するゴキブリは潜んでいる場所を知ってから対策を!!

冬のゴキブリは潜んでいる場所を知ってから対策を!!

7月下旬でまだまだ蒸し暑い時期が続いています。

まだまだ気の長い話ですが、9月下旬頃には少しづつ気候も秋の装いが見られ、徐々に冬に向かっていきます。

本日はゴキブリに関連するお話ではございますが、毎年春〜夏に掛けてはゴキブリの繁殖期であり、ご自宅での目撃情報が大変増える時期です。

ですが、冬になるとゴキブリを目撃する機会が激減します。

ここで良く勘違いをされてしまうケースとして、「家からゴキブリが居なくなった」と言うことではなく、実際は家具や電化製品の裏など過ごしやすい環境に潜んでいる可能性が高いと考えられます。

そこで今回の記事では、誰でも簡単に出来る冬のゴキブリ対策について解説を致します。

冬の寒い時期はゴキブリが陰に潜む理由

理由

何故冬の寒い時期に家屋の陰に潜むのでしょうか?

冒頭にもお伝えした通り、主に春〜夏がゴキブリの繁殖期とお伝え致しました。

ゴキブリは室温が18℃前後から活動が活発化する為、3月下旬〜10月上旬までは動きが見られます。

ですが、ゴキブリは寒さに弱い為、11月〜2月の真冬の時期は暖かい場所を求め、その場所に潜む習性がございます。

冬でもゴキブリが増えている理由

増加

ですが、昨今は高気密高断熱住宅が増えた事や、冬場の暖房設備が整っていたり、新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークの増加から、常にゴキブリが過ごしやすい暖かい環境が出来てしまっています。

例年であれば、12〜2月の時期はゴキブリの目撃情報は少ないと言われていますが、本年はこのような理由から目撃情報が多かったことが増加したと言われている理由です。

快適な環境に家屋内が変化

室内

ですが、実際は家の中に潜んでいたゴキブリが快適な環境(温度)になったため、活発的に動き回ったと言う説が濃厚です。

地球温暖化の影響や、先程申し上げたテレワークでの空調を整える事ことで、より住みやすい環境に変化したと考えられます。

そんな家屋の環境でゴキブリは様々な場所に潜んでいます。

冬にゴキブリが隠れている場所を徹底的に対策

そこで、ここからは具体的に対策すべきポイントをご紹介致します。
冬場にゴキブリが潜みやすいポイントを抑えておくと、具体的な対策が出来るようになります。

冷蔵庫裏や下

冷蔵庫

冷蔵庫は寒くゴキブリが過ごしにくいイメージがありますがそうではありません。
常時使用している冷蔵庫の裏には、内部温度を調整するモーターがあり熱を発しています。

一般的に冷蔵庫はキッチン周りに設置するご家庭が殆どと言う事もあり、ゴキブリの餌になる食材や水分が豊富。

大掃除や引っ越しなど、私たち人間が動かすタイミングが少ないからこそ、冷蔵庫の裏はゴキブリの住処になりやすい場所です。
もし巣を作られていた場合は、バルサンを焚いたり、殺虫剤を吹きかけると、ビックリしたゴキブリが家屋内に逃げ広がる恐れがあります。

対策としては、冷蔵庫周辺に毒餌(ベイト剤)を複数設置し、拡散させて死滅させる方法がベストと言えます。

 

ダンボール

ゴキブリがダンボールに住み着く理由

ダンボールの内部は保温・保湿性に優れている為、ゴキブリの住処になります。
また、ダンボールの隙間にゴキブリが卵を産み付けされるケースも多い為、家屋への侵入経路としても疑わなくてはいけないポイントです。

ネット通販を良く利用するご家庭の場合、ダンボールは早めに処分することが最適な対策と言えます。

 

エアコン

エアコン

冬は多くのご家庭でエアコンを使用されることもあり、エアコン内部はゴキブリが過ごしやすい環境へと変わります。

ゴキブリの餌はない環境と思われるかも知れませんが、フィルターに付着したホコリ、内部のカビなどもゴキブリの栄養分になります。

また、エアコンは内部の熱交換器で冷やす温めるを繰り返す空調機器です。室内・室外との温度差により内部にも結露が発生します。
その結露がゴキブリにとっての水分であり、結露が乾燥してカビになればそれが栄養になってしまいます。

対策としては定期的にエアコン内部のクリーニングを行う事で、住みにくい環境を作る事です。

良くある市販のエアコンスプレーは、乾燥することでかえってカビの発生を助長することに繋がるので控えた方が良いかと思います。

 

浴室・浴槽エプロン

浴槽エプロン内部

言わずもがな、浴室は暖かく湿度の高いゴキブリの住みやすい最適な環境だと言えます。

水分もあり、石鹸カス、髪の毛、カビなど、ゴキブリにとっての栄養も豊富です。
ゴキブリは何でも食べるので、汚れた環境を住処にするのはそのような理由です。

最近はマンションだけではなく、一般家庭でもユニットバスが増えています。
そんなユニットバスには浴槽エプロン(カバー)が取り付けられており、内部を見られる方は殆どいらっしゃらないかと思います。

カバーを外すと、多くのご家庭ではゴキブリに栄養となる水分、栄養(石鹸カス、髪の毛、カビなど)で酷く汚れているはずです。
当然羽虫等も中に侵入しており、ゴキブリも例外ではありません。

浴室のゴキブリ対策としては、エプロンを外し、定期的な内部清掃をおススメ致します。
市販の駆除剤でオススメの方法は、浴室内を閉め切った状態でバルサン等の燻煙剤を使用して駆除する方法があります。

 

もし冬のゴキブリ対策でお困りなら?

もし市販品でゴキブリ対策の効果が得られない、小さなお子様や妊婦の方、呼吸疾患など疾病をお持ちで燻煙剤か炊けないなど、このようなお悩みがございましたら、ゴキブリ駆除のプロ「ダスキン」があなたのお悩みを解決致します!

ダスキンは地球環境に配慮した薬剤を使用します

ダスキンのゴキブリ駆除では、地球環境に配慮した薬剤を採用しております。
その薬剤も極力最小限に抑える努力を行っております。
また噴霧器を利用したゴキブリ駆除の手法とは違い、薬剤を噴霧させないので食器類にかかかる心配は一切ございません。
害虫駆除プロのスタッフが、目視で必要な箇所に最小限の薬剤を使うだけです。
だから環境に優しく、効率よくゴキブリを駆除することが可能です。

ダスキンの冬のゴキブリ退治の手順

私たちダスキンが実際に現場で行うゴキブリ駆除の作業手順は下記の通りです。

ベイト材の設置

ベイト剤を設置

ゴキブリの潜んでいそうな場所に、ベイト剤処理を行います。

ポイントを絞って設置いたしますので、作業前の片付けや、作業後の食器類の洗浄等は不要です。

調査トラップの設置

調査トラップの設置

害虫の徘徊の抑制、生息状況の把握のため、調査用トラップを設置します。

ゴキブリは習性上、暗い場所を好み、壁際など物陰を移動することが多いため、目のつく場所に設置することはほとんどありません。

効果の確認

定期訪問管理

ゴキブリ駆除作業実施から一定期間経過後、効果の確認を行います。

ベイト剤の喫食の状態やトラップの捕獲状況より、生息個体の有無を確認し、駆除を完了いたします。

お客様のご要望により、ヒアリングでの確認にも対応いたします。

ゴキブリ駆除料金はこちらをご覧くださいませ。

ダスキンの家庭用ゴキブリ駆除料金

ご相談・現地調査は無料です

無料調査・お見積りのお申込み

藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市にお住まいで家庭用ゴキブリ駆除のご相談・現地調査・お見積りは無料にて承っております。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    必須お名前
    任意ご住所
    任意電話番号
    必須メールアドレス
    必須問い合わせ種類
    必須ご希望のサービス
    任意お問い合わせ内容

    関連記事
    bocoran admin jarwo